DHAサプリメント「きなり」が他のサプリメントと違う点について

DHA、EPAの健康に対する効果

きなりの成分や特徴
青魚に多く含まれるDHAやEPAは体に良いと言われていますが、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

血液中のコレステロール値や血糖値は高くなると血液の粘性が高くなり、結果として動脈硬化や高血圧を引き起こしてしまいます。DHAは血管を柔らかくすることで血管壁の収縮を助ける働きがあり、EPAは血小板の凝集抑制作用から血栓の生成を抑制することで血流の改善を促進します。

また、DHAは脳や目に対しても効果が認められています。脳の場合は記憶を司る海馬にDHAが集められることがわかっており、記憶力や学習力の向上が期待できるとされています。

目の場合は網膜の脂肪組織中に大量のDHAが蓄積されることがわかっており、視力快復や向上が期待できるとされています。EPAはこれら組織に直接働きかけることはありませんが、実は人の体内で

DHAがEPAから合成されるため、EPAを摂取することは結果的にDHAを増やすことにつながります。

ちなみに厚生労働省が提示する「日本人の食事摂取基準」によると、DHA、EPAは一日に1000mgの摂取が推奨されています。しかし食の欧米化・肉食化が進んだ現代において、この基準を満たせている人は残念ながらほとんどいないのが現状です。

「きなり」の特徴

DHAサプリの「きなり」はこのDHA、EPAを一日4粒で500mgも摂取できることが特徴のサプリメントです。魚油としての抽出原料にはアレルギー反応が起こりにくい国産カツオ100%使用にこだわっており、継続して摂取することを考えると非常に安心できるものと言えます。

DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸と呼ばれる物質ですが、脂肪酸の中でも不飽和のものは酸化することで違う物質に変化してしまう特徴があります。せっかくDHAとEPAを摂取しようとしても、酸化してしまったものではしっかりした効果が期待できません。

そこで「きなり」は抗酸化力としてビタミンEの1000倍もの力を持っているアスタキサンチンをしっかりと配合、保管中の酸化を確実に防ぐよう設計されています。もちろんアスタキサンチン由来の抗酸化力は摂取することで体内の活性酸素除去にも役立つことが期待できます。

ちなみにこのアスタキサンチンは通常のサプリメントで利用されているようなヘマトコッカス藻から抽出したものではなく、南極に生息しているオキアミから抽出したクリルオイル由来のもの。

クリルオイルにはアスタキサンチンだけでなく、リン脂質という物質が含まれています。これはグリセリンと脂肪酸とリン酸が一つになった物質で水と油両方に馴染みやすい特徴があることから、「きなり」に配合されているDHA、EPAは一般的なDHA、EPAのサプリメントよりも体内に吸収されやすいと考えられます。

いくら効果が高いサプリメントでも、飲むことに抵抗があっては続けづらいですよね。「きなり」はその点にもしっかりと対策がされており、これまでのDHA、EPAサプリメントで避けられなかった魚臭さを改善するためにオレンジ由来の香気成分を厳選して配合しています。

日本人の健康に、かつては日常的に摂取できていたDHAやEPA。食文化が変化している現代だからこそ、よりいっそう意識して摂りたい成分と言えます。

食事からだけでは十分量の摂取は難しいからこそ、安定的に摂取することができるサプリメントはとても効率的と言えるのではないでしょうか。