換金率だけじゃないクレジットカード現金化業者を選ぶ時に見て欲しいポイントは?

現金化のポイントチェック
給料日前で金欠だったり急な冠婚葬祭で思いがけない出費に見舞われたりで現金が必要に迫られた時に、今すぐ現金を用意できる手段としてクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するクレジットカード現金化がありますが、現金化を行うには業者の力が必要になってきます。

と言うのもクレジットカード現金化は、ショッピング枠で購入した商品を業者が買い取る形で現金を用意し振り込まれる為、現金化業者の力を借りないといけず自分達で業者を選ぶ必要が出て来ます。

その際に選ぶポイントとして換金率や振り込みまでの時間にも注目はして欲しいのですが、それ以外にも注目して欲しいポイントが存在します。そのポイントが「お問い合わせ先の記載」です。

これを見て欲しいのには理由があります。

トラブルが起きた時に手助けしてくれるか?

申し込みフォームとは別にクレジットカード現金化に関するお問い合わせの記載があるかどうかもチェックしておくべきポイントです。

クレジットカード現金化は、商品買取りと言っても店舗での買取りと仕組みが全く同じ訳では無く、部分的に違いが出て来ます。そうなった時に問い合わせて問題解消の手助けが欲しいでしょう。

そんな時にメールと電話もしくは電話だけでも問い合わせ先があるかどうかも業者を選ぶポイントになります。

基本的にクレジットカード現金化業者もお問い合わせの電話番号ぐらいは用意していますが、一部の業者は申し込みフォームのみしかHP上に設置していないのも存在し載せていないので、問い合わせをしたくても出来ない事態に見舞われます。

手数料の有無の確認も出来るか?

クレジットカード現金化のトラブルとして「換金率は高いのに振込手数料や商品発送に関する送料等の手数料で更に差し引かれた状態になった」があります。

手数料に関する事は基本的に掲載している業者は少なく、元から取っていないので掲載していないのも中にはいますが後出しで手数料についての説明してくる業者も珍しくありません。

しかしお問い合わせで手数料の有無ぐらいは聞く事は出来ます。最初の内にあるか無いかを聞いて業者を選ぶのも一つの手ですが、お問い合わせ出来なければ手数料の有無の確認が出来ないので後は口コミで調べるかぶっつけ本番で申し込むかの二択しかありません。

使えるクレジットカードの種類を確認出来るか?

クレジットカードと一口に言ってもVISAやJCB、マスターカード等の発行しているブランドは多く中には現金化業者の方で現金化に対応していない場合も存在します。

その為使えるショッピング枠が空いていてまっさらな状態でも、ブランドが対応していないから現金化は無理と断られるケースはあります。

その際に事前にこのブランドのクレジットカードの使用確認をお問い合わせで出来るかも重要になってきます。

申し込んだ後に使用不可となれば時間の無駄に終わるのは目に見えていますし、事前に聞ければ業者を選び直しも出来る
何よりどのブランドが使えるのか否かを業者自体が把握出来ているのかも確認出来て業者としての信頼性も確かめる事が出来ます。

クレジットカード現金化業者を選ぶ時は換金率が先に目が行きがちですが、ここは少し落ち着いて全体を見まわして換金率以外の事もしっかりと記載しているかも確認して業者として信頼出来るかも判断してから利用をした方が安全です。

トラブル回避で安全に現金を受け取る為にも落ち着いて業者を選んでから現金化を始めましょう。