通ってみたいけれど気になるパーソナルジムのデメリット

パーソナルジムのデメリットに料金が多くかかることが挙げられます。通常の月会費数千円の料金から数万円に上がることがあります。

一人に対して一人のトレーナーをつけることからその料金がかかることは仕方がないのですが、お金がない人にとっては少しだけきついです。その分納得した効果が得ることができやすいのですが、実際してみないと分からないこともあります。

何をやっても痩せなかった人、通常のジムに行っているけど続かない人にとっては、パーソナルジムで解決することもあります。

トレーナーとの相性

トレーナーとマンツーマンで指導してもらって、ダイエットしていくことになります。ですから、相手と相性が良いほうが円滑に会話ができますし、トレーニングを受けやすくなります。

相談したり、良い方法をなどを教えてもらいたいので、コミュニケーションを良く取れたほうが良いのですが、相性が悪いとそれがうまくいかないことがあります。

時には話したくない体重のことや、プライベートのことを話の流れで話すことになったり、親密な関係ができることがあります。時には友達のような感覚になることもあります。

トレーナーとの相性が悪いと、なかなか居心地が悪いかもしれません。

パーソナルトレーニングジムのマンツーマン指導

きついけどやめづらい

今まで運動やトレーニングをさぼってきた人に対しては、いきなりマンツーマンの指導になりますので、指導内容がキツイと感じることがあります。

ただせっかく高いお金を払ってマンツーマンの指導を受けているので、続けていきたい気持ちもありますし、止めにくい気持ちもあります。

通常の今までのジムなら嫌なら止めてしまえばよいけれど、パーソナルジムは個人的なプランを考えられていることが多く、最後までやり遂げることでその効果が出やすいのです。ですから中途半端なところでは止めにくくなってしまいます。

一度始めたら覚悟を決めて、最後まで続ける気持ちをもった方が、そのダイエットは効果的です。